「建設技術審査証明書事業(建築技術)」
財団法人 日本建築センター


   株式会社ニチラスは、型枠としてのメッシュの地位を確固たるものにしました。
   型枠の合理化、省力化を可能にし、加えて地球環境保全をも視野に入れた理念を掲げて、
   新たな開拓を目指しています。

建設技術審査証明書事業(建築技術)

技術名称 :基礎構造体に用いるメッシュ型枠工法「フォームレスフォームメッシュ型枠」

依頼者 :株式会社ニチラス
     :大和ハウス工業株式会社

取得年月日 :2003年3月17日
更新年月日 :2009年5月12日
 有効期限 :2019年5月11日

審査証明内容

(1)型枠工事のせき板として、打設の際の変形やコンクリートの流出が比較的少ないフォームレスフォームを製造することができるものと判断される。

(2)フォームレスフォームを型枠工事に使用するための標準施工マニュアルを整備し、マニュアルに基づいて施工管理することにより、所定の制度を満足する基礎構造体が構築されるものと判断される。

(3)フォームレスフォームをせき板として使用することにより、森林資源保護に貢献し、かつ、軽量でかさばらないため、置場面積の削減と運搬の効率化が図れるものと判断される。

(4)フォームレスフォームを用いることにより、コンクリート打設後にせき板の解体を不要とし、型枠工事の省力化が図れるものと判断される。

(5)硬化コンクリートの品質は、合板型枠工法の硬化コンクリートと圧縮強度、中性化、細孔構造において同等の品質であるものと判断される。



製品紹介▼

Copyright©2009. Nichilath Corporation.All Rights Reserved.